プロフィール

JJC柔道部

Author:JJC柔道部
インドネシアはジャカルタにて柔道修行に励む子供から中年までの格闘集団です。お母さんもやってるよ。(^v^)

稽古は毎週日曜日にチプタットの婦人警察学校(Sepolwan)の柔道場で午前9時半からお昼過ぎまで。
道場の地図と住所です↓



より大きな地図で JJC(ジャカルタ ジャパンクラブ)柔道部道場 を表示
Address and map of our Club↑

問い合わせは最新記事へコメント投稿という形でお願いします。
ご連絡先をお書きいただければこちらからご連絡差し上げます。
コメントは公開されませんのでご安心ください。

☆ Jakarta Japan Judo Club ☆
Please feel free to visit us at 9:30AM every Sunday. You are always welcomed.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習レポート(5月23日)

昨日の稽古は足技練習をメインに行いました。一人打込(移動しながら)を随分やった後に、踝の取り合い(足技乱取)を行いましたが、ケンケン(片足立)になる機会が多いので、皆、結構バテたようですね。
正しい体捌を習得するための打込も、引手だけ、釣手だけなど、幾つかの部分に分けて行ったりしました。
新しい練習方法として、グリッド乱取を行いました。これは、試合場を4分割して、その狭い範囲の中で立技の乱取をするというものです。しかも、ルールがあって、(1)場外に出てはいけない、(2)足技以外の得意技は3回しか使えない、というものです。
1分間の攻防で足技以外の得意技を3回しか使えないとなると、必然的に足技を多用するようになりますし、狭いグリッドでの攻防だと体捌がよくなるように思います。暫く、これを続けてみようと思います。
トピックとしては、中居兄弟が頑張っていますね。兄貴の方が弟に刺激を受けているようです。いい傾向だと思います。彼らはお父さんと一緒に水曜日の夜練習にも来ています。また、仲谷ユキちゃんもなんとなくサマになってきました。昨日はお休みでしたが加○姉弟も元気一杯なので、当面は小学校中低学年を中心としたグループ練習をしっかりやりたいと思っています。ここには、尾崎兄弟も入ってもらわねば困りますので、お父さんはリハビリ中で大変でしょうが、引率兼口だけ指導でも良いですから、顔出してください。

安齋拝

PS:明日26日もオヤジ練習ありますが、私がどうしても出れません。どなたか稽古面倒お願いいたします。
スポンサーサイト

練習レポート(5月9日&16日)

練習レポート(5月9日、16日)
2回分まとめて報告します。
ぽつぽつと新入部員があり、これが続くといいなと思っているところです。
最近の悩みは、何処に稽古の中心を持っていくかということです。
初心者から選手まで、園児から72歳までの幅広い範囲の参加者が全て満足できるような最大公約数的な稽古を目指していますが、まさか、初心者に合わせて全員で受身ばかりやっているわけにもいきません。
そこで、今月から、練習の途中で、クラス分けしてそれぞれのレベルに見合った稽古をするようにしてみました。これは、指導陣が多い時に可能なわけで、オヤ柔、Ibu柔の皆さんの参加がポイントになってきます。
とはいえ、全体に対する技術指導がメインとなっていますが、それぞれのレベルで求める到達点が異なりますので、「これは出来たからもうやらなくてよい」と言うわけではなく、そこがまた柔道の奥深さであると思います。
とりあえず、喫緊の課題として、年少(園児から小学1,2,3年生くらいまで)の子供達への稽古の充実を考えています。元気な子達が多いので大いに体を動かす機会を作ってあげたいと思っています。
技術的には、今は、“足技”ですね。子供達の理解促進のために自動車の運転をイメージさせています。正面を見て、ハンドル操作し、足は小指を返して畳を出来るだけ長く擦ること、あたりがキーワードです。後は踝の取り合い、蛸の足もそうですね。
いずれにしても、きめ細かい指導を子供達にはしたいので、ご自身の稽古云々ではなく、子供の相手をするという点に絞れば協力できるような方は、是非是非お願いしたいところです。例えば、肩は痛いが弁は立つ伊○○さんとか、無意識のうちに六軟骨痛めた佐○○さんや加○さんには子供指導(のお手伝い)なら大丈夫かと思いますので、伊○○さんならリハビリがてら、佐○○さんや加○さんは体の具合の許す範囲でご協力頂ければ幸甚です。
さて、オヤジ柔道の方ですが、小○さんがゴルフ呪縛から少し逃れることが出来たようで、最近、来てくれるようになり、存在感を増しています。子供の指導にも積極的で大変喜ばしいところです。少し前に尾崎さんが小○さんに投げられた際に肩を痛めましたが、今回私も10分近く乱取りしてみて、どうしてそうなったかわかりました。その理由は3つ。
(1) 堪えた相手を抜き上げていく技術があるが、最近はそれに頼りがちで、内股ではなく腰投になっている。
(2) 跳ね上げる分が少なくなったので、相手が中空で回転しなくなった
(3) それでも体の回転で持っていくのが凄いのですが、その回転が鈍くなったのを、強力な引付で補うので、結果、横倒しになることが多い。
そのときに相手は肩を打つのかなと思いました。
私も4回投げられて、特に「よし堪えきった!!」と思った後から引っこ抜かれたねげられた時には肩打ってます。実に悔しいですね。
対策としては、オーソドックスですが、ちゃんと、引手を切るとか、前に出ている足をけん制するとか、常に先に技だしするとかが必要だと思います。
小○さんには、大外刈や組際の技だしにも研究の後が見えますので、それは継続するとして、(1)内股の跳ね上げ強化、(2)体落の習得、(3)基点となる足技の習得の3つを望みます。
安齋拝

練習レポート(5月5日、12日)

夜練習のレポートです。

特記事項は、中居一家の参加。仲谷さんの参加でしょう。
中居一家はお父さんと子供二人が参加しています。日曜日の練習をみると、週に2回稽古というのは理解促進に非常にいいですねぇ~。水曜日夜の稽古は、その時の面子で内容考えていますが、いずれにせよ、人数が少ないので、普段よりもきめ細かくやることが多いです。進捗もその時の顔ぶれに合わせますので、プライベート指導のようなものです。この平日練習をもう少し活性化できないですかねぇ?今週から、安齋一家も参加させます。以前は清○○真君もきていましたね。必要ならば、子供達を7時開始とするなどもできるかもしれません。ちょっと、検討していきませんか?
それから、仲谷さんですが、なんとなく体力的に慣れてきた感じなので、少し柔道をやって貰っています。相手するほうは怪我さすことが怖いので神経使いますが、それも、また、勉強です。どうやって、無理なく、安全に乱取できるのかを考えてみてください。
本来、柔道は色々な楽しみ方が出来るものだと思います。是非、そういうところを追求していきましょう。

安齋拝

お世話になりました

安齋先生 JJJCの皆様

お久しぶりです。JJSにいた須○○○郎です。柔道部の皆様、お元気にジャカルタ生活を送っていますか?在任中は大変お世話になりました。
私は現在、東京から300km南にある八丈島の中学校に勤めています。ジャカルタと比べてとても寒く、春とはいえ毎日凍えていましたが、GWになりようやく暖かくなってきました。柔道着をもってきたのですが、生活に慣れてないこともありまだ柔道教室に参加していませんが、そのうち始めようと思っています。また近況をご報告いたします。では、お体に気をつけてこれからも柔道頑張って下さい。

P.S ジャカルタを離れ、つくづく良かったなぁと実感しています。また戻りたい!

**************************

須○先生

おお、次なる任地は八丈島ですか!!帰国されたどの先生方よりも地理的にはインドネシアに近いですね!!
生徒は何人くらいいる学校ですか?
神津島に赴任していた後輩を訪ねて行った事があるのですが小さな島でしたけど・・・。そこでも柔道はありました。
八丈島でも是非柔道指導に携わって頂きたいと思います。
このメールはJJJCの皆さんにも回送します。
在京の皆さんは、夏に須○先生を訪ねていく船旅なんかどうでしょうか!?
引き続き宜しくお願い致します。

安齋拝

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。