プロフィール

JJC柔道部

Author:JJC柔道部
インドネシアはジャカルタにて柔道修行に励む子供から中年までの格闘集団です。お母さんもやってるよ。(^v^)

稽古は毎週日曜日にチプタットの婦人警察学校(Sepolwan)の柔道場で午前9時半からお昼過ぎまで。
道場の地図と住所です↓



より大きな地図で JJC(ジャカルタ ジャパンクラブ)柔道部道場 を表示
Address and map of our Club↑

問い合わせは最新記事へコメント投稿という形でお願いします。
ご連絡先をお書きいただければこちらからご連絡差し上げます。
コメントは公開されませんのでご安心ください。

☆ Jakarta Japan Judo Club ☆
Please feel free to visit us at 9:30AM every Sunday. You are always welcomed.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3学期納会のお知らせ

柔道部の皆さま

先にお知らせしましたように、3月7日(日)に3学期納会を行います。
お別れの季節でもあります。
何卒、万障お繰り合わせのうえ、ご出席くださいませ。

出欠のお返事を、2月28日(日)までに伊○○までお願いします。
例によって、当日飛び入り参加も大歓迎です。
お酒の寄付も大大歓迎です。
子供たち&泳ぎたい大人は、水着をお忘れなく。


日時:3月7日(日)稽古終了後

場所:パピロン
   Pondok Indah Tower Lt.1
Jl.Metro Pondok Indah SektorⅡ,Blok SA

会費:男性・・・・20万ルピア
   女性・・・・15万ルピア
   中学生・・・10万ルピア
   小学生・・・5万ルピア
   園児以下・・無料
   
*今回、企業努力で格安設定です♪
 ご家族もぜひご一緒にどうぞ!


世話役
スポンサーサイト

JKT近郊柔道Jr.大会タンゲランシリーズ(2010.2.21)



関係各位

昨日はタンゲランCityモールにてJKT近郊柔道Jr.大会タンゲランシリーズが開催されました。
同大会は3~4ヶ月毎に参加している地区を巡回しながら開催されているもので、JJJCからも毎回参加しています。
今回も、バンドン、カラワン、ボゴール、デポッく、タンゲラン、バンテン、ジャカルタなどから約200名の参加がありました。
JJJCからは、安○○太、清○○真、石○○夏、安○○海、伊○○太、石○○ミ、安○○紀、尾○○優、佐○○良、伊○○子、尾○○侍の11名が参加しました。

試合成績
優勝:中学男子ー66Kg級安○○太、(小学男子ー42Kg級 K○○)
準優勝:小学男子ー37Kg級安○○海、小学女子ー35kg級安○○紀
第三位:小学男子ー42Kg級伊○○太、(小学男子ー37Kg級 K○○)

トピックスとしては次の3つでしょう。
(1)石○姉妹白星デビュー:試合前に「今日は負けてもいいけど、なるべく長く試合をすること。試合の雰囲気には慣れてね」と言ったのですが、○夏さんは背負投で一本勝で鮮烈デビューを飾り、○ミさんも緒戦を一本勝、準々決勝では準優勝する安○○紀さんとゴールデンスコアでも優劣つかず、旗判定にまで持ち込むなど頑張っていました。
(2)小学男子ー37KG&-42Kg級激戦:この両階級は同僚選手の潰しあいでした(結果参照)。稽古や試合外では仲良くやっていますが、試合では、これからもライバル関係が続くでしょう。
(3)尾○○優君の鉄砲返しが決まってました:緒戦ももつれて押さえ込まれたところを鉄砲返しで返して抑え込んで逆転勝利。本当は抑え込まれる前に(立技で)何とかしたいところですが、寝技ができることは大きいです!!立技3年、寝技3ヶ月と言われるくらいですから、少し集中して稽古するとすぐに上達します。みんなもがんばっていきましょうね。

というわけで、試合レビューでした。次のイベントは3月7日納会ですね。紅白試合&送別記念試合しますよ。
安齋拝

お世話になります。 松○です

安齋先生

お世話になります。

14日に息子、健○が初参加させていただきました。
練習にも耐えられるかなあと思っていましたが
意外なことに最後まで参加していたので驚きました。

感想は一言”楽しかった”でした。
教え方が面白かったらしく、さっそく自分の柔道着を買ってくれとねだられました。
図々しい割に気が小さいところもあり続くかなあと不安もありますが
少しでも楽しく続けられればと思っています。


ところで、21日はキッズの試合があって20日(土)に練習が変わったと世話役さん
から聞きました。

案内メールが回っていたそうですが、私のメールアドレスが未登録のようですので
登録しておいていただけると助かります。

宜しくお願いいたします。


松○

続きを読む »

20日(土曜日)稽古&21日柔道大会!!

関係各位
来る21日(日曜日)タンゲランで開催されるJKT近郊柔道ジュニア大会タンゲランシリーズ2010のJJJCからの出場選手は別途連絡の通りです。選手達の活躍に大いに期待したいと思います。
試合で稽古の機会が減ってしまいますので、20日(土曜日)9時半より11時の間で稽古を行いますので、翌日の大会参加/不参加に係らず御時間のある方はご参集願います。
安齋拝

練習レポート(2月7日)

ジュニアも一般選手達も試合が近づいて来たので、稽古に身が入ってきました。

この日の練習は、12~1月に“体捌”を重点的にやってきたのですが、崩しと連動しない体捌なんて有得ないと思い、まずどうやって崩すのかと考えてみました。試行錯誤の部分は割愛しますが、帰結したのは、打込の改善でした。では、どこを直すのか? 我々指導陣が陥りやすい点でもありますが、引手や釣手よりも足の位置や向き、体の回転に注意が行ってしまいがちで、1,2,3と言う分解動作も足の運び、体の動きを優先することが多いですね。そこを意識的に変えてみました。
自然体から、体の反動も使いますが、まず、引手で思い切り相手の釣手を上に上げることにしました。これが“1”です。とにかく思い切り上に上げる。小指を返す、肘から上げるというコツもここに出てきますが、とにかく真上にあげるつもりで引手を動かすことに焦点を当てました。釣手の補助もありますが、これで、受が少しでも浮く感じ(爪先立ちにまでなれば最高)をつかんで欲しいところです。その相手が”少し浮き上がった状態“から、いつもと同じように技に入っていきます。脇下と肩の前後の筋肉が痛くなるくらい引けていたら上出来です。この順序を身につけさせたいと思っています。

実は、昨日もJKT選手達が稽古しているので、教えに行って、これを試させました。肩が凝ったとか言ってましたが、一応選手ですから大きな動作でできるようになりました。スーパー中学生Mの受をやりましたが、凄い腕力ですね。あの力で煽られたら嫌でしょうね。そして、どんどん発展させていき、動きの中で如何に引手を引き上げるか、釣手で相手をコントロールするかを練習させました。今まで“いきなり”技に入っていた選手達には、“準備段階を作る”“動きの中で引手を上に上げる”というのは、しんどい練習だったようです。こうした練習を、選手、子供達を問わず、しばらく続けて行きたいと思っています。

さて、トピックスとしては、大原さんがバンドンから久々に登場、体と頭が全くバラバラの典型で、相当消耗したようで、元立のときに休んでいました。尾崎さんにも内股で持っていかれるし、散々だったようですが、昼食時には元気になり稽古に来てよかったなと思えたようです。引き続き頑張って欲しいものです。濱田さんも久しぶりでしたが、こちらは柔道勘だけの問題ですから、全く心配はしていません。こちらで稽古再開されたばかりの頃まで後退していませんが、JKT選抜と試合した頃よりは調子は落ちているように見えました。徐々に上げていきましょう。当面、修○やGの壁となっていれば、おのずと調子は戻ってくるのではないでしょうか(大原さんも同じ)。御園さんですが、柔道用の寝技も良くなってきています。ひょっとして納会でゲットしたコムロックDVD研究してる?脇をすくった大変良い返し方をしていますね。私も、御園さんは、如何に寝技に持っていくかを考えた柔道を追求するのも面白いと思いはじめています。高専柔道家みたいなものですかねぇ(笑)。

番外編ですが、やはりIBU-IBUはゴシップものに敏感で、井戸端番長の伊○さんは、O君-Gさんネタ、H君-Hさんネタには、激しく反応している始末。いったいどこが“OUT OF 眼中”なんだという感じです。また、天岩戸からお出になられた白石(奥様)さんが大分痩せられてましたが、元気な姿を見せてくれました。やはり、引きこもりは光合成ができないので痩せるんですかね???だからって、小○さん、引篭らないようにね!?
今度の日曜日から、新しい子供達も参加してくるようですので、みんなで盛り上げていきましょう。

安齋拝

JIMSホームページ

○太と○子の学校にもホームページがあります。
クリックすると、結構二人が出てきます。
暇つぶしに見てやってください。
親ばかね。

JIMS

よ。

2月21日試合のエントリーについて

柔道部キッズ関係者の皆さま


先に安藤先生からお知らせがありましたように、2月21日(日)タンゲランにてキッズの試合が行われ
ます。
今回は学年は関係ない完全体重別です。
試合出場を希望される方は、今週中にキッズの名前と体重を世話役までお知らせください。
まだ少し期間があるので、体重区分を見て当日体重オーバーで失格にならないようによろしくお願いし
ます。
試合場所及び開始時間については、後日安齋先生よりお知らせがあります。

小学生:男子、-23kg、-27kg、-32kg、-37kg、-42kg、+42kg

女子、-22kg、ー26kg、-30kg、-35kg、-40kg、+40kg

中学生:男子、-40kg、-46kg、-51kg、-55kg、-60kg、-66kg、+66kg

女子、-35kg、-40kg、-43kg、-45kg、-48kg、-52kg、+52kg

以上、よろしくお願いいたします。

世話役

*******************************************

各位

補足します。

12日(金曜日)応募締め切りですので、木曜日までに参加希望を取りまとめたいです。氏名、性別、体重、年齢、生年月日をお忘れなく。

21日(日曜日)が試合ですが、場所はCity Mall Tanggerang です(地図参照)。
当日は7-8時が計量で、9時から試合開始、午後6時半終了予定と大会要綱には書いてあります。

安齋拝


柔道部3学期納会のお知らせ

柔道部の皆さまへ


2010年もすでにひと月が過ぎてしまいましたね。
まさに「光陰矢の如し」。

そしてなんとこの3学期には、須○先生、
さらに古○、三○、山○、の三家族が本帰国されることになりました。
キッズ柔道に欠かせない指導者とキッズ柔道古参のメンバーの方々です。

送別会を兼ねた3学期の納会を、下記の通りに手配させていただきました。

詳細は追ってご案内させていただきますが、

日程だけ先にお知らせ致します。

万障お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますよう

お願いいたします。

それにしても、寂しくなります。



日時:3月7日(日)稽古終了後



場所:パピロン (Pondok Indah Tower Lt.1

        Jl.Metro Pondok Indah SektorⅡ,Blok SA)


世話役

春休みの仙石道場行き予定

安齋先生

こんばんは。

仙石先生の道場に行かせてもらう日程が決まりました。

3月27日(土)~4月7日(水)の12日間です。

私の中国語の学校のお休みがイースターの時期しかないので、このような日程になってしまいましたが、○海くんと修○くんは、来れそうですか?
TとRは、”一緒に合宿できたらいいなぁ”と期待しています。

こちら上海で単調で地味な練習を続けているTとRなので、バリの子供達との練習は、久しぶりに良い刺激になると思います。

私は、この1年間バス担当者という役員をしているのですが、このところずっと続いているスクールバスと運転手のトラブルへの対応に辟易しているので、仙石先生のキャラクターに癒していただけるのが待ち遠しいです。

では、お休みなさい。

山○

続きを読む »

練習レポート(1月31日)

昨日は、カラワンの柔道チーム10名がやってきてくれました。昨年も来ましたが、彼らは立ったままの背負投を掛けるのですが、非常に力強く、アルノー先生によく鍛えられていることがわかります。
固技は総じて弱いので、固技の導入運動などを沢山行い、仕上げにローリング寝技乱取(4~6名チーム)で20分間行いました。
その後は、3人組で交互打込を行いました。3人組ですから、二回やると一回休める式です。相手の下がる鼻を捕らえて、追い込んでいく動きがまだまだぎこちないですが、よくなってきてはいます。
その後は先生/先輩VSジュニアの乱取(25分)と元立8名(3分×5本)を行いました。
トピックスは、Aという31歳のオーストラリア人がやってきたことです。3年間柔道から離れていたが、ウェイトと走ることは欠かさないとのことで、自信満々で稽古ましたが、丁度ローリング寝技乱取り終了後ダウン早退しました。しかし、かなり手ごたえはあったようで、引き続き来そうな感じです。

安齋拝

練習レポート(1月27日)

練習レポート(1月27日)
ナショナル合宿に入っていた、H のお姉さんのI ですが、合宿中に手の甲を骨折してしまい、しばらく稽古から離れていましたが、この日から練習再開しました。といっても、固まっちゃった手は思うに動かず、これからのリハビリが重要となっています。
そのIIS に「何やるつもり?」と聞くと、「打込します」というので、「じゃあ、他が寝技乱取やっている間は、寝技乱取の代わりに、しぼり、エビ、逆エビをず~っとやってなさい」と指示。果たして道場の長手方向(40M位)を使って始めました。寝技の乱取は約30分間でしたが、Iは完全にグロッキー、途中吐きに行ってましたね。肘の皮が剥けて血も出てました。まるで小林まことの漫画のような状況です。
他が立技乱取をやっている間は「打込」させましたが、久々の柔道で完全にバテていました。
私は代表選手になろうかという選手は「気持ち」が違うと思いましたね。それが伝播するのでしょうか、他の参加者達の先生方との乱取は、非常に充実しておりました。
聞くところによると「ライバルに追いつくまでは、どんどんやるしかない」と話しているそうです。早期復帰に向け協力していきたいと思っております。
安齋拝

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。