プロフィール

JJC柔道部

Author:JJC柔道部
インドネシアはジャカルタにて柔道修行に励む子供から中年までの格闘集団です。お母さんもやってるよ。(^v^)

稽古は毎週日曜日にチプタットの婦人警察学校(Sepolwan)の柔道場で午前9時半からお昼過ぎまで。
道場の地図と住所です↓



より大きな地図で JJC(ジャカルタ ジャパンクラブ)柔道部道場 を表示
Address and map of our Club↑

問い合わせは最新記事へコメント投稿という形でお願いします。
ご連絡先をお書きいただければこちらからご連絡差し上げます。
コメントは公開されませんのでご安心ください。

☆ Jakarta Japan Judo Club ☆
Please feel free to visit us at 9:30AM every Sunday. You are always welcomed.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気です。小○

ジャカルタ柔道部の皆様

ご無沙汰しています。
日本に帰国して、もう2か月になりました。ご連絡遅くなりすみません。
お約束通り、とりあえず3人娘は講堂館の入門しました。でも、それぞれ、それなりに柔道に関わっています。


可○○の中学には柔道部がありません。(あっても入部する?)なんと、演劇部に入部しました。この部が週1回の活動なので、空いた時間は講堂館に通ってくれれば、、、と母は考えていましたが、帰りも遅く「疲れた~」とか言ってなかなか。しかも講堂館の中学部は、たくましく、柔道経験豊富そうに見える男女の集団にて、可○○が怖がって行きたがらりません。今はまだ、小学部にて週1~2回練習していますが、元気一杯の年下にコロがされています。通常練習が4:30~6:00。先日、初めて6:00~7:3居残り練習に参加しました。へとへとになって、擦り傷、タンコブを作って帰ってきました。本人は楽しかったの言ってましたが、祖母には、「柔道なんて、、、やめなさい。かわいそう」と。言われました。安齋先生に教えていただいた寝技も、可○○なりに頑張っていますが、本人のやる気が課題だと、私は思います。


絢○は、4月にいやいやながら講堂館に入門しました。水泳を本格的にやっているため、大会がない週末のみ、講堂館に行きます。先月は、柔道経験者ということで乱取に参加しましたが、年下の子供に背負い投で投げられ、絢○はおもわず左手を付いて軽く負傷してました。今は、もう一度基本に戻って、受け身から習う普通科に通っています。本人は、夏の水泳全国大会に賭けているので、今は怪我しない程度に陸上トレーニングとして柔道してます。

結○は、講堂館に毎日兄妹で通う1年生のお友達ができました。練習は週3回、毎回受け身の練習です。体操教室の延長のようで楽しんでいます。早く、色帯が欲しいと言って頑張っています。


母は、5月に可○○を連れて女子部に体験入部しました。目的は、可○○を小学部、中学部、女子部のどこで練習させるのが良いのか決めるためですが、母は久しぶりの柔道にドキドキしました。その日は15人位の内、半分が黒帯です。年齢も中学生から初老まで、さまざまですが、皆さんお上手でした。膝車も上手にできない私は、基本がまだまだだと、実感しました。練習時間が6:00から7:30なので、主婦には、外出は難しい時間です。子供が、もう少し成長したら、母も習い事「柔道」したいです。その頃には、体が動かないかもしれません。が、、、

安齋先生の練習レポートを、いつも楽しく拝見しています。
皆さんの益々のご活躍を期待しています。

小○ 母

スポンサーサイト

じゃかるた新聞掲載記事:山谷さん送別稽古2009.5.27掲載



安齋拝

オヤ柔、イブ柔特錬報告



関係各位

昨日は、昼過ぎから、山谷さん特別練習を行いました。
参加者は、山谷、芦本、尾崎、白石、○野、本江、伊○○、R、安齋でした。

稽古と言っても、乱取だけですが、山谷さん送別稽古ですから、○野、白石、安齋ともやって頂きました。

昨日のトピックス・・・・・、

①芦本越えはおあずけ:尾崎さんの芦本越えは今回も”あと一歩”のところでなりませんでした。足技で押し込んで技有相当を奪取したあとの寝技で、(場外からの指示に従って手順よく)抑え込んだのに、最後に返されてしまい、形勢逆転・・・・尾崎さんには実はもう一つあって、本江さんとの対戦も5分で来ていたのに終了ブザーが鳴ると同時の大外刈で投げられています。逃がした魚は大きかったの典型的な例ですね。

②○野大暴れ:前日の試合に出れなかったこともあり、道場一番乗りで気合十分の○野選手。当る相手をことごとく撃破。下手だ下手だと言われていた足技で投げるなどの余裕ぶり。最後の対白石戦でも寝技も積極的に使い、完勝!!宴席でも絶好調でした。スランプから立ち直るきっかけを与えてしまったかも・・・・。ちなみに、Rさんとは一回り違いとのこと、なぜか伊○○さんが憤慨(意味不明)。

③伊○○さん完勝:Rさんとの対戦では、いいように投げてましたね。年齢差は相当ありますが、まあ、現時点、勝って当たり前だと思います。初めてかかった「内股」もあり、稽古の成果は出ていると思います。しかし、Rさんも負けず嫌いな性格ですから、今後の稽古次第では、あっという間に追いついてくるでしょう。

④年齢差:芦本-○野=30歳、安齋-R=29歳の差がありましたが、芦本-R戦が実現していれば、なんと、その差42歳だったのです!!・・・・・、いずれにしても、芦本部長は大したものです!!

31日に帰国される山谷さんは、その日の朝にも稽古に来られますので、昼は送別昼食となりますので宜しくお願い致します。

練習レポート(5月17日)

小○さんがいきなり古傷再発でしたが大丈夫ですか?しっかり養生して山谷さん帰国前には復帰してくださいね。
これに関連して、準備運動について一言。今、稽古開始時の準備体操&ストレッチは、子供達(上級生)にして貰っていますが、やはり、ちゃんと出来ませんねぇ。昔は(今もありますが)ラジオ体操のように、体に染み付くまで覚えさせられたものがあり、それを用いて体全体を覚醒させ、解すということがありました。その後、ストレッチングの概念が入ってきましたが、所謂体操とストレッチは併用されて効果があるものだということで一般常識となっているようです。
子供達にはアレで十分なのでしょうが、中学生以上には不十分ですね。小○さんの古傷再発はそれがあったと思います。次回から、十分なアップをするように指導します。

さて、稽古の方ですが、まだまだ続くよ「崩しの研究」。今回は引出(ひきだし)を題材に、体落と巴投に移行することを考えました。引手と釣手を効果的に使って相手を伸びあがらせるように崩す(この時の体捌が重要)~折角の崩しを戻さないように注意して、体落や巴投を掛ける・・・・相手を崩したことによってできるスペースを如何に上手く利用するか?・・・ここがポイントですね。

次に行った、ハンデキャップ寝技はどうでしたでしょうか?皆は初体験でしたかね?片手が使えない以上、寝技でも体捌が重要になってきますし、何より相手に正対することが大事になってきます。バックを取られたらアウトだと思ってください。この稽古は実力差がある時に上位者が片手をしまって実力の均衡化を図るのによく用いられますが、お互いが十分抑えきれる実力が備わっていない初心者同士にも結構有効です。それが実践されていたのが、中学生&ママさん&男性軽量級初心者グループでしたね。明らかな実力差がないので、自然と全力出すことになりますからね。選手グループも良い稽古になっていました。

最後は投技⇒寝技の攻防の練習でしたが、皆、先にある寝技のことへ頭が行ってしまっていましたね。「急がば回れ」の典型的な例なのですが、しっかり投げて、自分のコントロール下に相手を置いておくということがまず大切なことです。そうすることにより、相手の逃げ方に対応ができるようになるのです。しかし、皆、「早く抑えたい」と思うのでしょう、大外刈りから/払腰から巻き込むように投げて、袈裟固に移行、ところが、勢い余って/十分制することができずに返されるというパターンが多かったですね。
投げながら抑込の準備なんか出来ませんから、まず、しっかり投げて、そこからおもむろに寝技に行くことを心掛けなければ試合でも手順を踏まずに仕留め損ねてしまうでしょう。

オヤジ番勝負は、サムシュール選手とゲーリー選手を相手に3分4本乱取した後、“山谷さん送別シリーズ”第一戦が行われました。相手は尾崎選手。序盤に不用意に受けた内股で有効を先取された山谷選手、後半に入り巴投で有効を取り返したものの、その後がいけなかった・・・逆転の抑込を喫してしまいました。でもいつもの笑顔でした。

練習後はパピロンで恒例の昼食会でしたが、石○一家が初参加されました。何故か、石○さんに麺類を注文しない人に「稽古が足らん」というのが受けたようですが、稽古直後は余りヘビーなものは食べられないというのが普通です。でも、確かに皆さん結構重そうなメニューを注文されていますね。皆さん、健啖家ですねぇ。次回からもっと稽古量増やそうっと!!
ここで面白い話がありました。○野先生が「Rさんに寝技を教えてやってください」と言ったのですが、そのイ語が面白かった。
“Didur Tehnik”・・・う~ん、寝技の直訳なのでしょうが、これでは真意は伝わらないでしょうな。せいぜい”Tehnik Tidur“なのでしょうが、それとても、寝る技術で、睡眠不足の人への快眠指南みたいです。しかもイケメン○野先生が言ったのでは、「夜の寝技技術教えるの~」風に深読みしたイブ獣もいらしたようです。
普通、寝技は「Main bawah」、抑込技は「Tehnik Pergumuran」、絞技は「Tehnik Cekikan」、関節技は「Tehnik Patahan sendi」です。ちなみに、立技は「Main atas」、投技は「Tehnik lemparan/bantingan」、固技「Tehnik Penguncian」と説明することが多いです。

安齋拝


******************************

安齋先生  

  いつも大変お世話になっております。
 次回のお稽古は自分のできるところまで参加します。(サポーター持っていきますので大丈夫です。)
 実はその日の朝、家で「初心者のための柔道」のDVDを見てイメージとレーニングンして張り切ってでかけたのですが・・・・ (残念でした。)
 気力ではやりたくても体がついてこないのは本当に悲しいです。
 そこで見学者として思いついたのは、柔道の試合を見るときに内容がわかると面白い。
 体が動かないときは見学柔道術を身に付けようと考えました。どんなことがあっても前向きに考えるように努力します。
 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 小○

******************************

小○様

いつも、よくやってらっしゃると、感心していますよ。

見学しながら勉強する・・・見取稽古(ミドリケイコ)といいます。僕は観盗稽古だと思っています。意識して、人の稽古を見ると、色々わかってくることが沢山あります。どっちかというと、評論家の目を持つようなイメージですね。

着眼点凄くいいですよ!!

安齋拝

稽古日変更のお知らせ

柔道部の皆様へ

稽古日の変更についてお知らせします。

5月24日(日)は道場が使用できないため、21日(木)キリスト昇天祭の祝日に変更します。

時間はいつもの通りです。

お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。

なお17日(日)の稽古は通常どおりです。


世話役

練習レポート(5月10日)

S先生、I先生のJJS二枚看板久々の揃い踏みでしたね。それぞれの教え子に柔道の子達がいるようで、子供達も益々楽しい学校生活となるでしょう。
新人、A君も連続登場。高校一年生の(50Kg位か)インドネシア人の初心者男子も初登場。
大使館のKさんも2度目の稽古参加。
イブ柔では、久々参加の(アラフォー前の)佐○さんは“プチおばんパワー”全開でしたが、やっぱりプチじゃあ全開っちゅうわけにはいかないようですねぇ(笑)。しかし、とりあえず、週末寝込む悪循環は断ち切れたのではないでしょうか。

さて、本題の稽古ですが、各種打込練習が続いています。大外刈、内股、体落、背負投、(左)一本背負投、大内刈、小内刈をその場で各20本づつ、続いて交互打込を10回×2セット、更に足技からの連絡変化を入れた交互打込を10回×2セット。移動打込では、大外刈を普通に追い込む形と、受が全力で下がるところを追い込む形で打込、大内刈も同じ、その後、下がりながら掛ける体落と、押してくる受に対して掛ける体落を練習しました。最後に、初めて行った、横へ移動している相手に、入る体落を練習しました。

乱取(先生が元立)25分間。子供達は元気一杯で当りに行っていました。芦本部長が「Gに投げられたよ」と嬉しそうに仰っていたのが印象的でした。G伸びてきています。Rさんは大内刈等から前に投げる技につなげることを覚えつつあり、なかなか面白い存在です。伊○○ママは課題の「腕を曲げる」ができませんでしたね。曲げるとバンバン投げられますからね。ここからが精進のしどころです。頑張ってください。石○姉妹は筋がいいですね。すぐに皆に追い付くのではないでしょうか。

昨日は、久々に紅白試合を行いました。子供達の試合はいつも面白いです。
佐○○風○君が初めて試合に勝ちましたが、相当嬉しかったみたいですね。今度は勝っても礼法は忘れないようにしましょう。4年伊○○○太君対3年優○の試合は、○太が一本取りきれなかったのはちょっとふがいないですね。3年と4年では相当の差があるはずで、本来ならば勝ち方を考えてもいいはずなのに・・・と思います。三○○○君が石○○○(姉)さんに勝ちましたが、学年も体重も上でしたが、やはり経験の差だったと思います。昨日の三○君はよくやっていましたね(自覚が出てきたかな?)。

米○○○君はN君と対戦、暫く前までは全く相手にしていなかったのですが、相手も強くなってくるわけで、そう簡単には投げることができなくなってきました。最終的には抑え込んで一本取っていますが、まだまだ。少年柔道は5-6年生で強くなりますから、これから頑張ってほしいところです。
今回は、伊○○ママと高校一年生初心者男子(50Kg位か)をぶつけてみましたが、伊○○さんが一本勝ちを収めました。しかし、相手が背負投に入るところではバッチリタイミングがあっており、実は危ない場面が2回ありました。イケイケドンドン派良いのですが、試合はもう少し慎重にやってほしいですね。M君(JKT代表)と小○先生の対戦は、ちょっと意外な結末。左対右ながら、得意の内股を掬投で抜きあげられてしまいました。階級は同じですから、ここは仕留めてほしかったところです。

仕上げは、二人組のトレーニングと、シャトルランです。成人には一番きつい練習ですが、ここは皆頑張っていました。トレーニングといえば、冒頭の両先生は強いです。流石ですね。

オヤジ番勝負は中核の小○選手が不調(精神面での不調・・・この頃さっぱり人を投げれないので・・・所謂スランプ!?)なので、今回はお休みでした。

稽古後の昼食ですが、毎回、必ず誰かしら連れだって出かけています。Pondok Indah Tower一階のパピロンレストランです。まだ、御一緒されたことがない方は、是非、一度、御参加下さい。色々、コミュニケーションも図れて面白いですよ。


安齋拝

お元気ですか?すっかり初夏です。

皆さん、お元気ですか?

上海の短い春はあっという間にすぎて、近頃の22度を超える気温と新緑の木々に初夏を感じる今日この頃です。(ところが、そろそろ、不快指数100%の梅雨がやってくるとのことです。)

ジャカルタは雨季が終わり乾季に入ったころでしょうか?

春休みを終えて新学年度が始まってから、怒涛のような1ヶ月が過ぎました。
リトルリーグの国際試合で週末は出ずっぱりで、学校では、学級委員&広報委員選出の会合、学年&学級懇談会、個別面談会があり、アパートでもシャトル通学家族会合がありました。まだ、通学安全委員会担当者会合と土曜参観日、トルリーグの上海リーグ公式戦、華東杯と、目白押しです。

なんだかせわしくていまだに自分の生活リズムがうまくつかめずにいます。でも、8月になれば、こちらに来て丸1年が経つので一周期を終えたことで、行事もろもろの感覚がうまく整理できるような気がします。

春休みにインドネシアに帰ったのは大正解でエネルギーを充電できました。
マイナスイオンが沢山あるのかしら?南国の太陽の恵みかしら?

また帰りますので、その時にまたお会いできたら嬉しいです。
上海にお越しの際は、必ずご連絡くださいね。
楽しみにしています。

手短ですが、この辺で。
(眠気が・・・・。)

山○○○

練習レポート(2009.5.3)

練習レポートです。(2009.5.3)

色々な打込練習は続いていますが、「崩す」「崩される」ということは、どういうことなのかな?というのを体感して貰うようにしています。抱き抱え系の技も試していますが、「崩し続けるとどうなる」という点を意識して貰おうと思ってやっています。

固技は、3人組で「投げたら寝技」という乱取を行いました。3人ですから2回やって1回休みですね。インターバルトレーニングの様相もありますが、休みながら、色々(見て)考える「観取稽古」ができると更に向上することを期待しています。

乱取では、仲○さん(72)が今季2度目の乱取をされていましたね。いいことです。御自分のペースで稽古への参加を考えて頂けたらと思います。

3人目の赤ちゃんが生まれたばかりの中居さん(おめでとうございます)は久々に参加。子供相手の乱取に、中学生男子が当りにきて、「思わず(本来の組手の)左に変えてしまった」と苦笑い。まだまだ、動けるところを見せてました。

私が相手した中では、Rさんが「どうやったら、前に投げることができるのですか?」と質問するなど、柔道に好奇心を示してきたという感じがします。先週から小○離れが始まり自立した女性柔道家の道を歩み始めていますが、最近は伊○○さんと組んでいるので、ストイックにやらされており、それがいいのかもしれません。小○さんは滅茶不調ですが(笑)。その伊○○さんですが、引手から組に来る所は良いですが、そのまま、一本背負投なんかにかかる相手はいません。しっかり両方持って行きましょう。それから、腕をつぱったまま足技かけるのはやめましょう。タコ踊りみたいになってしまっています。腕つぱったら、足届かないですよ。以前の小○○子さんと同じ状態になっていますね。腕曲げる努力を(意識を)してください。

オヤジ番勝負は、安齋ー白石、組み際電光石火の支釣込足で勝負あり、あとは寝技で時間消費して終了。安齋、御昼はおいしくビールを頂きました。白石―小○は、効果3(ひとつ有効に近いのがあったが)取った白石、まあ、ギリギリの判定勝ちというところ。谷落等の技で内股封じをされている小○、最近、技の軸がズレテいるので要修正です。

久々に山根パパが来られましたが、オヤジ番勝負には参加せず、「次はやりますよ」とのこと。山根無敗伝説を誰が破るか興味があります。

トピックスとしては、BIS(ブリティッシュインターナショナルスクール)の13歳A君が稽古に参加しました。182cmの長身ですが、頭の中身は中1だし、実力も青帯の通りです。Gや○太、或いはオヤジ連の丁度良い稽古仲間が出来ましたね。これからも来るみたいなので、我が柔道部の一員として暖かく迎えてあげましょう。幸いに、子供達が英語で話しかけたりしてますし、御父兄の中にも英語に堪能な方々もいらっしゃるので、コミュニケーションは取れて行くでしょう。インターナショナルな雰囲気満点でいいですよね(仙石先生の理念と同じですね!!)。

例年だと子供の試合が組まれる時期ですが、情報は伝わってきません。他クラブとの合同練習などを考えていますので、引き続き頑張っていきましょう。

安齋拝

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。