プロフィール

JJC柔道部

Author:JJC柔道部
インドネシアはジャカルタにて柔道修行に励む子供から中年までの格闘集団です。お母さんもやってるよ。(^v^)

稽古は毎週日曜日にチプタットの婦人警察学校(Sepolwan)の柔道場で午前9時半からお昼過ぎまで。
道場の地図と住所です↓



より大きな地図で JJC(ジャカルタ ジャパンクラブ)柔道部道場 を表示
Address and map of our Club↑

問い合わせは最新記事へコメント投稿という形でお願いします。
ご連絡先をお書きいただければこちらからご連絡差し上げます。
コメントは公開されませんのでご安心ください。

☆ Jakarta Japan Judo Club ☆
Please feel free to visit us at 9:30AM every Sunday. You are always welcomed.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月1日試合について

関係各位

11月1日(土曜日)の試合について連絡いたします。

JABODETABEK ジュニア柔道大会第三戦@PJKB(SEPOLWAN)ですが、昨夜、抽選が行われました。詳細は省きますが、各階級の参加人数をお知らせしますね。
小学1-3年生男子:-25kg:9名、-30Kg:15名、+30Kg:6名、
小学1-3年生女子:‐30Kg:4名、
小学4-6年生男子:-27Kg:12名、 -33Kg:14名、 -48Kg:4名、 +48kg:4名、
小学4-6年生女子:-27Kg:7名、 -33Kg:5名、 -43Kg:5名
中学生男子:-55Kg:12名、+55Kg:9名
中学生女子:-45Kg:14名

全体では32階級に172名参加とのことですから、170試合程度はあるわけで、試合時間3分で計算すると510分=8,5時間、これを2試合場で行いますから、4-5時間/試合場かかる計算ですね。9時試合開始として、休憩1時間を入れて午後3時までかかる計算で、閉会式を行って午後4時終了予定というところでしょうか。今回は深夜にまでは及ばないと思います(苦笑)。

計量は7時-8時の間受けつけるとのことですから、体重ギリギリで心配な選手は早めに行って、計量パスしてから御飯を食べていてください。

JJJCは20名出場で、全体の12%を占めますから、普通なら優勝4個程度と計算するのでしょうが、ディフェンディングチャンピオンですから、ここは7階級位で優勝して、大トロフィーを死守したいですね。

では、当日まで、スピードを重視した自主トレ&勝つところを思い浮かべるイメージトレーニングに励むよう御指導願います。

安齋拝
スポンサーサイト

オヤジ柔道家大活躍@日イ有効50周年記念大会及び今週の予定


関係各位

先週末は、大会運営、試合参加、VIP対応、記録係、応援とそれぞれの立場で参加して頂き有難うございました。御蔭さまで、日イ友好50周年記念全国選抜柔道団体戦大会も無事終了することが出来ました。

わがJJJC代表のオヤジ柔道家軍団(芦本総監督、安齋監督、松本コーチ、吉村選手、白石選手、山根選手、尾崎選手、五十嵐選手、本江選手、栗原選手、Perry選手)も負けすぎず、勝ちすぎずの3位入賞。大変良かったと思います。
両日に渡る皆さんからの応援も大変嬉しかったです。監督の采配がよければもう一つ位勝てたと思いますが、今回はこれでヨシとしましょう。
白石先生の雪辱の場面は来年に持ち越しですね。まずは怪我の不安をなくしましょう。
尾崎さんの公式戦連敗記録は6で断絶させることが出来て良かったです。次回から連勝記録を目指しましょう。
栗原さん、豪快な一本勝ちでしたが、反動で腰と首にきたみたいですけど、大丈夫ですか?しばし、静養してください。
吉村さんは最年長選手でしたが、緒戦で殊勲の一本勝ちで、波に乗ることができました。
五十嵐さんも得意の十字固が掛かってましたね。これから、得意技への連絡変化を練習すればもっと楽に勝てるようになるでしょう。
山根さんはもっと闘いたかったということですから、これからガンガンやっていくことにしましょう。
Perryさんもプライド掛けて畳に上がってたはずなのですが、いや~逆転の一本勝たいしたものです。
最年少本江さんも綺麗に一本勝していましたね。
インドネシア柔道試合デビューを一本勝ち飾ったのは山根、栗原、本江の3選手ですね。大きな怪我もなくオヤジ軍団のデビューを飾れてホッとしています。

SEPOLWANの道場で稽古している女子チームは見事に優勝しましたね。これも、大変良かったです。ママさん柔道家の皆さん、彼らを倒すと全国レベルですよぉ~、頑張ってください。

大会終了後には、東レ柔道部との合同練習も実現し、実りある二日間だったと思います。
写真やVTR等がありましたら、CD-R/DVD/VHS/MINI DV等の媒体で頂けると幸甚です。

さて、今週ですが、1日(土曜日)はクラブ対抗JABODETABEKジュニア柔道シリーズ第3戦です。場所はいつも練習しているSEPOLWAN道場です。計量が8時とのことですので、8時前には集合して頂きたいと思います。
前回総合優勝している私達は、連覇を目指しています。
JJJCは2階観客席を押さえるようお願いします(風が通るし、よく見える)。
今回は深夜までは掛からないと思いますが、午後まで掛かるのではないかと思いますので、昼食に類するものはご用意ください。

翌日(2日)は、ジャカルタのジュニア選手権が、SEPOLWANで開催されるので、稽古は御休みにします。通常稽古は9日から再開となります。

宜しくお取り計らい願います。
安齋拝

東レチームJKT入り

関係各位

消息筋によりますと、東レ柔道チームがJKT入りしています。
空港では、「なんだ、あのごつい男達の一団は????」と恐る恐る遠巻きに見られていたそうです。また、目撃情報によると、やたら、おにぎりとかおやつとか食べていたとのことです(笑)。
いよいよ、本番、楽しみですね。

安齋拝
PS:当日、観戦者は会場へはフリーパスになっておりますので、「柔道観にきた」「ジャパンクラブ」と言って頂ければすんなり入場できます。

今週末の柔道大会でのお願い

関係各位
今週末の日イ友好50周年記念柔道大会に関するお願いです。
今回、応援、参戦の為、御来場される方におかれましては、是非、写真撮影をお願い致します。50周年記念事業報告書でも必要ですし、11月のJJCフェスティバルの際にもパネルに掲載したいと思っています。
撮って頂きたいシーンは以下の通りです。
 会場全景、垂れ幕&ノボリ類
 開会式や閉会式での来賓挨拶の様子、記念品贈呈式の様子、表彰式
 試合の様子・・・JJJCオヤジ柔道家の戦いぶり、決勝戦(男女)、親善試合(東レVSイ選抜)などとなりましょうが、出来れば、応援者の表情や、闘っていない選手の表情なども押さえて頂きたいです
 試合後の集合写真
VTRセットは私が持参いたしますが、撮影はお願いするかもしれません。
 撮影する試合は、JJJCオヤジチーム全試合と決勝(男女)及び親善試合
また、日曜日は邦人VIPの受付案内をOさんが担当してくださいますが、人手不足が予想されますので、(“Oさんがてんてこ舞い”とお気づきの方がありましたら)お手伝いして頂けたら幸甚です。
宜しくお取り計らいお願い致します。

安齋拝

日イ友好50周年記念全国選抜柔道団体戦大会

各位
抽選終わりました。
Perry先生が出席してくれました。男子は23チーム集まったそうです。ちなみに、女子は10チームだったそうです。うちもナナとイエニー(Perryの奥さん)とIさん、Kさん、AKで出せば良かったですかね?

うちのプールは南スラウェシ州、中央ジャワ州バニュマス、リアウ諸島州、バンテン州、東ジャワ州警察機動隊、そして我がJJCです。「決して悪くない」とPerry先生は言っています。この中の3チームに勝てばベスト4です。
バンテン州の重量級には、前によく練習に来てた、巨漢のビンセント君がいますが、彼よりも軽いクラスに要注意ですね。機動隊なんか力ありそうですものねぇ。しかも、団体戦は魔物がいますから、他のチームも油断は禁物ですね。

さて、先鋒の吉村さんですが、ナント、仕事に都合付けてくださいました。一階級ただでくれてやるのと、そうでないのとは大違いです。そこで、少しメンバーチェンジします。もっとも、これも現時点での最善案とお考えください。

総監督:芳本
監督:安齋
コーチ:松本
先鋒要員:吉村
次鋒要員:山根、本江
中堅要員:尾崎、
副将、大将要員:栗原、白石、五十嵐、Perry

さあ、盛り上がっていきましょう。

安齋拝
事務連絡:計量は土曜日朝8時になりましたので、8時ちょっと前に現地集合としましょう。

今週末の予定(日イ友好50周年記念柔道大会、稽古時間変更など)

関係各位

いつもお世話になっております。
今週末は忙しない状況になっています。

25日(土曜日)
09:00-17:00・・・日イ友好50周年記念柔道大会@チロドン・・・開会式&予選(オヤジ柔道家が参戦します)

26日(日曜日)
09:00-13:00・・・日イ友好50周年記念柔道大会@チロドン・・・準決勝&決勝、日イ友好親善試合東レVSインドネシア選抜、閉会式
15:30-18:00・・・キッズ柔道稽古@いつもの道場
19:00-21:00・・・柔道大会日本人関係者打上@力士レストラン

(1)今週末の大会ですが、特に26日は、子供達&御父兄には出来るだけお集まりいただきたいです。大使ら日本人関係者が終結することになっています。朝9時からお昼までですので宜しくお願い致します。キッズ柔道Tシャツで揃うといいかも・・・。
(2)来週11月1日(土曜日)がジュニアの試合ですので、稽古(一部セレクション)をどうしてもやりたいのですが、26日(日曜日)の3時半頃から2時間半程、いつもの女性警察官学校道場で行うことにします。先生方や応援された方々は上述大会から直行になると思いますが、この時間には着くと思います。宜しく御理解願います。
(3)26日(日曜日)夜7時からは、大会の日本人関係者による打上があります。選手は勿論参加なのですが、御家族、応援の方々にも是非参加して頂きたいと思います。
(4)仙石先生は24日夜からJKT上京されます。

安齋拝

日イ友好50周年記念全国選抜柔道団体戦大会

オヤジ柔道家各位

大会事務局より連絡あり、団体戦ながら、体重別の配列となるとの連絡がありました。まあ、大会の成功が最大優先事項ですから、当方は従っていくだけです。しかし、軽量級の少ない当方には若干頭の痛いところでもあります。
登録選手8名で、試合は5人制、先鋒-66Kg、次鋒-73Kg、中堅-81Kg、副将、大将は無差別となりました。軽い選手が重い方に出る分には制限がありません。
そこで、今大会へは以下の布陣をベースとして臨みたいと思います。
監督:芳本
コーチ:松本
先鋒要員:なし(=相手に1勝献上)
次鋒要員:山根、本江
中堅要員:尾崎、安齋
副将、大将要員:栗原、白石、五十嵐、Perry
※-66,-73,-81Kg級の選手は当日計量があるので、体重調整願います。減量は不要です。既にオーバーの方はお知らせください。ウチはまだメンバー表を提出していないので、先鋒=吉村さんの配置を含めギリギリまで引っ張って、メンバー調整したいと思います。

団体戦はチームワークが重要です。応援、裏方も含め、まとまっていきましょう。
安齋拝
PS:日曜夜7時からは打ち上げです。家族同伴でどうぞ!!仙石先生も参加されます。

日イ50周年記念柔道大会開催の案内


関係各位
本日のジャカルタ新聞に、「日イ友好50周年記念全国選抜柔道団体戦大会」開催の案内が掲載されておりますのでお知らせいたします。(別添参照)
安齋拝

上海便り(追伸)

追伸

先だってのメールで書き忘れましたが、中国人の足は臭い!
これは、並みの臭さではないです。発酵している腐臭です。
開会式のとき、一斉に靴を脱いだら会場にすえた臭いが充満し、息を止めて危うく酸欠状態になりそうでした。大体、柔道着も毎回どころか1ヶ月は洗ってないようなものが普通で道場にかかっていて、ひどいものはカビが生えています。悪臭は言わずもがな。インドネシアの人の方が中国人よりよっぽど衛生観念があると思 います。
会場の隅にあるトイレからアンモニア臭が流れ込むわで、インドネシアの暑さとは一味ちがう劣悪な環境でした。これからは、大会には芳香剤を携帯しようと思います。

上海便り

安齋先生&ナナさん

こんにちは。
お久しぶりです。
日々が飛ぶように過ぎていきます。10月に入ったら残暑でちらほら聞こえていたセミの声がまったくしなくなり、一気に冷え込んで上海の街は木犀の花があちこちでいっせいに開花してよい香りがただよってきます。秋を飛び越して冬がきてしまったような急激な変化に衣替えもあわただしいです。こんなに寒いのにまだ蚊が飛んでいるので、蚊の生命力に驚いています。

中国は冷凍餃子の次はメラニン騒ぎということで、次々と安心して食べれる食材がリストから消えて行くのですが、最近は少々のことでは死にはしないだろう、とローカルの市場で野菜やエビを買って普通に食べています。中国生産のお米も食べていますが、私たちはまだ生きています。ジャカルタで培った強靭な胃腸のおかげでおなかをこわすことはまず無いです。

ジャカルタはプアサとレバランが終わったのですね。
こちらも国慶節という建国記念日で9日間のお休みがあり、ちょうどレバラン休みの時期でした。我が家は2年ぶりに日本に行ってきました。大阪に行って県人会の友人のSさん(JICAの警察プログラムで仙石先生と同時期にジャカルタ赴任をしていらっしゃった方です)のお宅に泊めてもらってUSJ、東大寺、大阪城、大阪府警の見学をしてきました。日本を離れて久しいので御上りさん状態の私は、便利で情報と物が溢れすぎて目が回る思いです。野球人口がマイナーな上海では入手困難ということで、TとRの野球道具やウエアー一式をそろえたのですが、何と高いものでしょう。道衣一着でできる柔道と大違いです。お金がものすごい勢いで羽が生えたように飛んでいきます。2年に一度の帰国でちょうどよいように思いますが、上海の日本人の人たちは年に2,3回帰国するのだそうです。私などは、先進国に旅行すると忙しすぎてインドネシアであれ、上海であれ、自分の家に戻ってほっとするのが実際のところです。

日イ友好50周年記念柔道大会すごく盛り上がりそうですね。
観戦&応援できないのが実に残念です!
JJC柔道部の健闘を大いに期待しています。

こちらも10月11日に上海市青少年柔道大会が開催されました。なんでも初めての青少年大会だったそうです。200名近くの小・中学校の子供たちが参加しました。日本人学校・龍心館とBISだけが外国の学校でほかは地元の学校でした。TとRも参加しました。火曜日と木曜日の夜の強化練習をしての参加でしたからかなりやる気満々だったのですが、Tは初戦で敗退。敗者復活戦も初戦敗退でした。2回とも相手は柔道ではなく、空手か柔術のような構えと戦法で、何度も審判からも注意を受けていましたが、(注意を受けてからは組み合うこともせず首に両手で抱きついてそのまま足を絡めて転がすという方法でした)、Tのほかにも戸惑って転がされて負けてしまっている子が沢山いました。その学校の子供たちは、道衣を借りて着まわしていたので、とても大きなサイズの道衣の袖やすそを折ってまくっている子も何人かおり、不戦敗になっていました。カンフーのユニフォームをきていたのでどちらかといえば少林寺拳法なのかも・・・。柔道着も借りているくらいでどう考えても、柔道をしているように思えないのですが、出場するというのには、あきれました。

Rは、学年は小学校1年生の子が一人下にいたので最年少では無かったのですが、体格で言えば21キロという体重は明らかに最小でした。5年生以下30キロ以下の階級が一番下だったのでそこに出たのですが、意外にも健闘して、持ち前の不屈の精神で一本とって2勝し、3戦目は押さえ込まれて負けましたが、敗者復活戦を判定勝ち4位になりました。MVPの発表のときに2番目によかったと言われてRはわけがわかっていませんでしたが、JJCキッズ柔道の卒業生として私は誇らしい気持ちです。

TとRがリトルリーグに入りたいというので、柔道と重ならないので了承したものの、土曜日の午後、付き添いやお世話役当番で往復2時間入れて6時間つぶれるのは、大きな痛手です。柔道と両立するという約束ですがどうなるでしょうか。10月18日の運動会が終わったら入部する予定です。

メールをいつも楽しく読ませていただいています。ジャカルタが身近に感じられます。なかなか返信ができないのですが、これからも配信楽しみにしています。

お子様達にもヨロシク!




追伸

こちらの柔道部の子供たちを見ると、JJCの子供たちの方が破格に元気でパワフルです。のびのびとしている、というか、明るくエネルギーに溢れているようです。
柔道の内容もJJCはとても楽しく盛りだくさんな内容でした。
押さえ込みと逃げ方の世界一周、あれはこちらでも是非教えてほしい内容です。

そうそう、Tは、柔道の試合で負けて泣いていたら、一人の年配の先生に”畳の上で泣くのは親が死んだときだけだ、馬鹿野郎!泣くな!”と頭をびしっと叩かれていました。

泣くな、というのはわかるけど、親が死んだときだけだ、とは、また渋いことを言うもんだと、思って聞いていたら、師範の奥さんがこらえきれずに吹き出していました。
時代が違う?!

練習レポート(10月12日分)

柔道部の皆様、

レバラン休みも終わり、皆さん練習に戻ってきてくれました。大変盛況で活気のある練習ができたと思います。
安齋先生のように詳細な練習レポートは書けませんが、一応やったことをまとめておきます。

1.いつもの準備運動の後、初心者もいたことから受身のおさらいをしました。後ろ、横、前回り受け身。
2.体力作りの運動。馬とび、おんぶ、手押し車等々。
3.移動打ち込み-下がりながらの背負い投げ、追い込んでの背負い、小外、大内での追い込み、追い込んでの大外、下がりながらの内股。
4.上記各技の移動投げ込み。
5.投の形・内股の動き(互いに右に回転する動き)から3歩目で大内、背負い、内股に入る投げ込み。これは実戦で使える動きであると考え練習しました。
6.取、受を決めての乱取り。取に技を掛けさせ、受は攻め返さず受に徹する。受は頭を下げずおなかを突き出して防御する。この練習は自然体での防御の強さを分かってもらうための練習でした。しっかり腰を落としておなかを出して防御すればそうそう簡単に投げられないと言うことが分かってもらえたでしょうか。
7.普通の乱取り。

ここまでやって1時頃終了。

オヤジ柔道部門は尾崎が山根先生、ペリー先生に3分づつの乱取りをしていただきました。
山根先生にはその後用事があるにも関わらず、快く乱取りにお付き合いいただきありがとうございました。
またペリー先生もご自分から乱取りを申し出てくれました。試合が近いので気分が盛り上がってきた感じがします。

練習とは関係ありませんが、インターネットで非常に参考になるサイトを見つけましたので役立てててください。
http://www.sportsclick.jp/judo/02/index.html

いろんな技が紹介されていますが、このサイトのいいところは技の分解写真が見られるところです。
各ページにある「Movieで見る」というボタンを押すとMovieが表示されますが、ここで「stop」、「step」を使いながら技の流れを連続写真としても見ることができます。
ネットでイメージトレーニングをして、日曜の練習でフィジカルトレーニング。これであなたも将来の世界チャンプです・・・・(^_^)/~

以上今週は尾崎がお送りしました。

10/25-26 日イ友好50周年記念柔道大会

関係各位

日イ友好50周年記念柔道大会が、10月25-26日(土日)、チロドンの陸軍戦略予備軍施設内(KOSTRAD)の道場で開催されることになりました。

この大会は、全国選抜団体戦大会の様相を呈しており、男子24チーム、女子16チームが参加する予定です。(株)東レより柔道チームが来訪し、インドネシア選抜チームと交流試合を行います。
当初、プンチャック峠の直下のチロト柔道会館での開催が予定されておりましたが、インドネシア柔道連盟の配慮により、ジャカルタからの利便性も良いところでの開催になりました。このことにより、観戦、応援者も来場しやすくなりました。また、JKT在住の選手は宿泊が不要になりました。
男子の部には、JJJC(ジャカルタ・ジャパン柔道クラブ)のお父さん方も参戦予定で、予選リーグ突破((2勝)を目指していますので、JJC柔道部内外からも是非、初日より多数の観戦、応援があると幸甚です。詳細日程は追って、お知らせいたしますが、25日は終日予選、26日は準決勝以降の試合が組まれ、昼過ぎには解散する予定です。
陸軍戦略予備軍施設など、滅多に入れるものではないので、是非、見学がてらお越し下さるのも良いかもしれません。
チロドンはデポックのインドネシア大学の南東、或いはエメラルダゴルフ場の北側手前に位置します。

26日夜には、協賛された会社代表各位、東レ柔道選手、JJC柔道部(オヤジ選手、父兄、子供、応援者)による”打ち上げ”が大々的に開催される予定です。こちらにも、奮って御参加願います。

安齋拝
PS:オヤジ柔道家各位:標記大会に参戦はしますが、勝敗は2の次です。柔道大会を大いに楽しんで頂ければと思います。今のところ、1チーム8名登録になると思われるので、安齋、白石、本郷、尾崎、Perry、栗原、山根、松本で臨みたいと思います。今から、日々節制願います。
PS2:小川広報部長様、JKTの邦人プレスには私から投げ込み投稿しておきます。また、大会当日の係(来賓案内、写真、VTR係等)も分担しなければなりませんね。御父兄の力を借りることになりましょう。これも、早急に必要な係のリストアップをいたしましょう。



訂正地図は天地が反対になっているのでご注意を。(下が北になっています。)



高速道路の上り、下りの向きと、北(UTARA)の矢印が間違っていましたので修正しました。この地図の方が実際の地形に近いと思います。ご迷惑をおかけして申し訳ござません。

練習レポート(10月5日分)


関係各位

10月5日の稽古の報告です。
レバラン明けの最初の稽古でしたが、人数は少なめでした。多分、ドライバーがレバラン帰省して戻ってきていないからだと思います。そんな中、松本先生、I さんは2週連続タクシー利用で練習参加されてました(偉い!)
参加者、松本先生、尾崎一家、I 一家、パントウ一家、安齋一家、オリ&べり兄弟、N瀬さん、O川さん(17名)

稽古内容は、ちょっと特別なものでした。
体捌きといいますか、足の動きといいますか、足の置き場所を確認する練習をしました。要は打込なのですが・・・。

畳にチョークで足型を書いていきます。一歩目はここ、二歩目はここ、という感じです。刈ったり、払ったりする方向は矢印で示します。
大外刈、小内刈、大内刈、背負投、引き出す背負投、内股、体落について書かれた足型を2~3人一組になって、トレースする練習でした。
最初はゆっくり、足のおき場所を確認しながら、そのうちにスピードを少し上げていきます。
最初は一人で、その次は受に立って貰うだけ、その次は受とちゃんと組んで、最後は投げるところまでやりました。

いざ、やってみると、なかなか、足型通りにいきません。勝手な方向向いちゃうので、チョークで書いた足型はすぐ消えてしまいます。これを、思い出しながら、自分で書きなおします。これも、大事な練習(イメージトレーニング?)。

足の位置関係だけを確認しているので、手の働きは全くありませんが、それでも、最後は人を投げことができました(ね、O川さん?)。
自分で確認できる目標(=チョークで書かれた足型)があるというのは、初心者には良いかもしれませんね。是非、御自宅での自主練習にお試しください。

この練習のポイントは、正しい位置関係を理解するということですから、適当に足型書いとけば良いというのでは、趣旨から外れていますね。ですから、頭の稽古でもあったのです。

その後は、各自、乱取を自主的にやって貰いました。
①尾崎さんが、松本、ペリー、安齋と3連戦。タイプの違う相手に積極的に稽古されてました。尾崎さん、最初の組合いをもう少し自分有利に組み立てられないですかね?あれでペースを相手に握られるケースが多すぎると思います。先に技を(小技でいいので)出すというのを心がけたらどうでしょうか?固技への耐性は大分増してきていると思いました。
②N瀬さんが、ペリーに挑戦。相撲のぶつがり稽古のようになってましたが、いい稽古になっていたと思います。
③I さんVS AK も実現、序盤こそAKペースでしたが、中盤以降はI さんペース。もつれたところを寝技で攻めて相手の体力を消耗させ、その後、体落の形で捩り倒すことに成功、すかさず抑え込んで一本勝ちするというのが2回ありました。あれでいいのだと思います。やはり基本は二本足で立って掛ける技ですね。これで、K さんとの一戦も楽しみになってきましたね。

12日からはまた賑やかになると思います。気を引き締めて、怪我のないように稽古していきましょう。

安齋拝

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。